• MI

報恩寺

静かなパワースポットでもある報恩寺。




報恩寺は戊辰戦争での秋田攻めの責任を負った盛岡藩家老の楢山佐渡が切腹した地であり、また、政友会総裁・原敬を祭主として戊辰戦争殉難者50年祭が開かれた歴史的にも重要なお寺です。

そして境内には、盛岡市指定文化財に指定された貴重な文化財があります。それが五百羅漢と羅漢堂です。



報恩寺といったら五百羅漢!!!有形文化財として盛岡市から指定を受けています。



最初は500像納められましたが、現在は499像が現存しているそうです。仏像は1731年(享保16年)から1734年(享保19年)の4年間に京都の9人の仏師によってすべて作成されました。

死んだ肉親に会いたくなったら、五百羅漢が収められている羅漢堂へ行って五百羅漢の顔をひとつひとつのぞいてみると肉親に生き写しの顔が見つかるという言い伝えや、自分そっくりな像が五百羅漢の中にはあるという話もあります。 現存するのは499体ですが、木彫りでそれだけの数が残っているのは全国的にも珍しいそうです。

五百羅漢の中に、マルコ・ポーロとフビライ・ハンの像がある、という噂があるそうです。




天井には龍の絵が描かれていました。



五百羅漢が納められている羅漢堂は享保20年(1735年)建造されたようです。



外国人観光客にも人気スポットらしいです(*´ω`*)



見学時間:9:00~16:00 大人:大人:300円 中学生以上。(40名以上の場合200円) 小学生:小学生:100円 40名以上50円



4回の閲覧
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

Copyrightc PROGRESS , 2019-2020 All Rights Reserved.

岩手県