• MI

鬼の手形

昔、現在の岩手県盛岡市三ツ割の東顕寺(とうけんじ)というお寺に岩手山の噴火時に落ちてきた…とされる三つの大石があり、神様が宿っているとして、人々から「三ツ石様」と呼ばれ、信仰を集めていました。

あるとき「羅刹鬼(らせつき)」という鬼がそこに住む人々や旅人などに悪事を働き、ほとほと困り果てた地元の人たちが「三ツ石様」の神様にお願いしたところ、神様はそれに応え、その三つの大石に 羅刹鬼を縛り付けました。 羅刹鬼は降参し二度と悪さをしない、またこの地に二度と戻ってこないという証として、石に手形を残し南昌山(なんしょうざん)の方へ逃げていった…と言われています。

鬼が岩に手形を押したということから「岩手」という名前が出来たと言われています。 実はその手形のある石…現在も残っているんです。



現在は岩に苔が生えたりしていて、どこに手形があるのかは分からないそうです。

岩手県にある国立大学、岩手大学の大学祭の名前が「不来方祭(こずかたさい)」というのですが、それは岩手県盛岡市周辺が「不来方」と呼ばれていたから。 鬼が三ツ石の神様と「二度とこの地に足を踏み入れない」と約束し、この地は鬼が二度と来なくなった場所という意味の「不来方(こずかた)」と呼ばれるようになったのが由来だといわれています。

鬼の退散を喜んだ人々は神様に感謝し、お礼に集い、笹で作った笠をかぶり、三ツ石のまわりをさんささんさと踊り回ったとされているのです。それが「さんさ踊り」の始まりだと言われています。

石の高さは約6メートル、回りは約9メートルほどです。

この岩は盛岡市名須川町の東顕寺の裏側にある「三ツ石神社」にあります。




こんな感じについていたそうです。



2回の閲覧
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

Copyrightc PROGRESS , 2019-2021 All Rights Reserved.

岩手県