• MI

県立博物館

最終更新: 2019年12月9日

まず入り口入ってすぐにお出迎えしてくれたのが毘沙門天


なかなかの迫力です。

それから階段を登っていき次は恐竜や縄文時代の土器や道具などが展示されていました。


埋葬されていた人の骨も展示されていました。


縄文時代の暮らしぶりを再現しているものも(*´ω`*)

今にも動き出しそうな蝋人形・・・(;^ω^)ちょっと怖かったです(;'∀')

そして次は平安時代や鎌倉時代の物が展示されている部屋へ行きました。


複製品らしいですが素晴らしいですね!!!

お次は江戸時代!!!


歴史の授業で習った踏み絵もありました(^^)/

どんどん部屋の奥へ進んでいくと昭和時代のミシンや家電が展示されていました。



このテレビ、昔、祖父母の家にありました(*‘∀‘)右端は氷冷蔵庫だそうです。

上段に氷を入れて冷やすもので氷を作ることはできなかったそうです(;'∀')

昭和時代の生活空間を再現したのもありました。


なんだか、サザエさんを思い出します(*^^*)

昭和の家電などを見て、うちのボスは懐かしいと興奮していました(笑)

実は9月21日~11月24日まで、「よろい・かぶと・かたなの世界」という企画展が開催されており、そちらは撮影禁止ということで撮ることができませんでした。

非常に残念です(;´Д`)

上杉謙信や伊達政宗が所用されていたとされる鎧や兜、南部藩の方が所用していたものも多数展示されていました。

色んなデザインの鎧や兜、刀があり、昔の人も結構オシャレなんだなと思いました(*^_^*)

興味のある方は是非足を運んでみてください(*^_^*)





6回の閲覧
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

Copyrightc PROGRESS , 2019-2020 All Rights Reserved.

岩手県