• MI

啄木新婚の家

盛岡駅から徒歩で約10分の立地に、歌人・石川啄木(いしかわ たくぼく、1886年~1912年)が妻・節子(せつこ、1886年~1913年)と新婚生活を始めた武家屋敷「啄木新婚の家」があります。

1905年(明治38年)6月4日から、妻・節子と啄木の両親、妹と共に暮らした家です。その後、わずか三週間、6月25日には、こちら盛岡市の中央通三丁目から同市内・中津川のほとり加賀野一丁目に転居します。さすが流転の生涯を送った歌人・石川啄木です。

現在、盛岡市内の石川啄木の遺跡と呼べるものは、「啄木新婚の家」だけとなっています。

この建物は藩政時代の中級武士の住む武家屋敷で、かつては茅葺きだったそうです。ちなみに、現在の日本の標準的な一戸建ては中級武士の武家屋敷の影響を受けているため、この建物は資料的にとても興味深い建物で、1984(昭和59)年7月1日より、盛岡市指定有形文化財(建造物)となっています。




この武家屋敷には、たった3週間しか暮らしていなかったのですが、新婚生活には、なにやら面白いエピソードがあったようです。表の看板に書いてあったエピソードの一部を引用します。

詩人石川啄木は、明治38年(1905年)5月、東京で処女詩集「あこがれ」を出版しそれをみやげに帰郷の途についたが、金策の必要から途中仙台に下車して土井晩翠をその居に訪ねた。仙台医学専門学校には郷友、猪狩見竜、小林茂雄らが在学中で、彼らと遊んで滞在すること10日におよんだ。その間、盛岡市帷子小路八番戸の借家には月末30日に結婚式を挙げるべく婚約者の堀合節子がその帰宅を待ちわびていた。しかし啄木は遂に姿を見せなかった。それがこの家である。仙台をたった啄木は盛岡駅を素通りして渋民に行き、ようやくこの家に姿を見せたのは6月4日のことだった。ここではじめて新婚の夫婦と両親、妹光子の5人が揃って家庭をもったのである。

結婚式にいないとは最初から波乱万丈の新婚生活ですね…しかもこの後3週間で市内の別の場所に引っ越すのですから、まさにドタバタ劇といったところでしょうか。

このようなエピソードを中心に、啄木の活動を年表や資料で紹介しています。



啄木の父・母・妹の部屋には啄木の妻・節子が愛用していた琴が展示されていました。


【啄木と節子の部屋】



この時計も当時のものなんでしょうね(´艸`*)



なんと入館料は無料です!!!

公開:8:30~18:00 公開:冬 9:00~16:00 休業:火水 11月最終週~3月 休業:年末年始



5回の閲覧
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram

Copyrightc PROGRESS , 2019-2020 All Rights Reserved.

岩手県